GT155_L.jpg
お菓子ジュースの「甘さ」のモトといえば「砂糖」ですよね [レストラン]
でも、砂糖じゃないのに甘い味がする調味料もあります [目]
アスパルテーム、スクラロース、エリスリトール、ソルビトール、
マルチトール、アセスルファムK、トレハロース、ステビア…などなど
いくつかは聞いたことや見たことがある言葉だと思いますが
これらは食品に甘い味をつける甘味料のことです。
砂糖とは成分が違う甘味料には、天然の素材から抽出したものや
人工的に作られたものなど、たくさんの種類があります。

甘味料はもちろん甘い味がしますが、構造的に砂糖とは違うものも多く、
「キシリトール」「マルチトール」「エリスリトール」などの、
糖アルコールに分類される甘味料は、虫歯の原因菌のエサにならず、
ムシバキンが歯を溶かしてしまう酸をつくることができないので
「虫歯の原因になりにくい」という特徴をもっているそうです [目]

そんな歯にやさしい糖アルコールのなかでも、やっぱりオススメなのは、
「キシリトール」ですね [exclamation×2]

キシリトールは、虫歯の原因になりにくいだけではなく、
虫歯の原因となるミュータンス菌の増殖を防いだり、
脱灰(だっかい・歯が溶けること)を防ぎ、再石灰化(さいせっかいか・溶けた歯を修復すること)を促進させるといわれています [ひらめき]

ただし [パンチ]
「とりあえずキシリトールさえ食べていれば虫歯にならない」
というわけではありません [あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
キシリトール配合と表示がある食品でも、その配合量が少ないと
虫歯予防にはあまり意味がありませんし、
キシリトール以外に糖分が入っている場合も、
結局虫歯の原因となる酸が作られて、虫歯になってしまうこともあります [バッド(下向き矢印)]

虫歯予防のためには、
少なくともキシリトールが50%以上の濃度で含まれているもので、
キシリトール以外の甘味料が含まれていないものを選ばないと
効果はあまり期待できないそうです [ふらふら]

ちなみに歯医者さんによっては、
キシリトール100%のガムやキャンディー、タブレットなどが
販売されているところもあります [るんるん]
こんなのとかも! → キシリトールの効果 【チョコレート編】
歯科専売品のものも多いですが、
最近ではネットで購入することもできるようですよ [ドコモポイント]

虫歯予防には効果的なキシリトールですが、
キシリトールなどの「糖アルコール」は、一度にたくさん摂取すると
オナカがゆるくなってしまう原因になることもありますので
取り過ぎにはご注意くださいね [ふらふら]

【関連記事】
キシリトールは何からできてるの?
キシリトールの効果 歯にやさしい甘さ-歯医者さんネット
虫歯を防ぐガムの食べ方-歯医者さんネット