最近、大雨による被害が大きなニュースとなっていますね。
緊急時や災害などで避難したときには、
長期間、普段とは違う環境で過ごすこともあるかもしれません。

このときどうしても後回しにされがちなお口[キスマーク]のケアですが、
お口はそのまま気管から肺へとつながっていますので、
特に高齢者の方では、口腔内が不衛生な状態になり、
お口の細菌が気管から肺に誤って入ることから、
誤嚥性(ごえんせい)肺炎などを引き起こしやすくなりがちです。[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

お口のケアを欠かさないことによって、虫歯や歯周病の予防だけでなく、
このような肺炎や風邪、インフルエンザなどの呼吸器感染症の予防にも
役立つといわれています [手(パー)]

だからこそ、防災グッズとして欠かせない1つとして
できるだけ忘れないでほしいのが、口腔ケア用品なのです[exclamation]

東日本大震災の時にも、
歯ブラシなどの口腔ケア用品がたくさんの団体から送られました。
(参考:日本歯科医師会 「被災地への支援物資送付について」)

そこで [exclamation×2]
今回は、防災点検の際にぜひ加えていただきたいデンタルケアグッズと
緊急時のお口のケア方法を簡単にご紹介します [ドコモポイント]

[ひらめき] 歯ブラシ
まず、少しでも水と歯ブラシがあれば、歯ブラシを少量の水で濡らして磨くことができます。すすぐ水がなかったとしても、歯垢を除去する効果があるので歯を磨くことはとても大切です。そして水があれば、少量ずつ口に含んでしっかりブクブクうがいをします。一度に多くの水を含むのではなく、少しずつ口に含み、うがいの回数を増やしたほうが効果的です。
?歯ブラシがない場合は?
ハンカチなどを指に巻きつけて歯を拭って汚れをとりましょう。

[ひらめき] デンタルリンス
デンタルリンスがあれば、水だけのうがいよりも口臭防止や汚れ除去に効果的ですので、使用するといいでしょう。ただし、アルコール入りのものは、唾液の出にくい方が使用すると、お口の中が乾燥しやすくなる恐れがありますので注意が必要です。ノンアルコールタイプの刺激の少ないものがおすすめです。

[ひらめき] シュガーレスガム
普段とは違う生活では、ストレスや水分不足により、唾液の分泌も減ってしまいがちです。気分転換をかねてガムを噛んだり、耳の下などの唾液腺のマッサージをしたり、マスクをつけて水分の蒸発を防いだりするのも有効です。

[ひらめき] 入れ歯をご使用の方
入れ歯を清潔に保つのも、お口のケアとして、とても大切なことです。
入れ歯を口に入れっぱなしにしていると、どんどん汚れがたまり、お口の中も不衛生な状態になってしまいます。できれば1日に1度は外して洗いましょう。そのときに予備の入れ歯ケースがあると便利ですね。

以上、簡単にまとめましたが、これらのことを少しでも頭に入れておくと
緊急時の健康管理に役立てていただけるかもしれません [わーい(嬉しい顔)]

何かある前に、日頃からの準備と心構えが大切ですね [かわいい]

【参考になるページ】
>>サンスター「災害時に気をつけたいオーラルケアについて